街の情報館

こちらでは東海地方のペットに関する事柄を情報化していきます。

葬儀や供養などお別れに関すること以外にも、飼い主とペットにとって有用と思われることであれば積極的にアップしていきます。


【長久手の新しいペット霊園】2022/11/27更新

 長久手市にオープンしたペット霊園『one d.R.I.P(ワンドリップ)』の見学に行ってきました。黒スーツのスタッフは対応も丁寧で好印象。施設は新しくキレイなのはもちろん、デザインチックなところが街中のペット霊園といった感じです。予約制なのでまずはお電話してください。

[主な施設]

◇個室のお別れ室があります

◇お別れの際の僧侶による読経はオプションです

◇火葬機は2機あり、火葬室はそれぞれ個室なのでお別れ、お骨拾いの際に人目を気にすることはありません

◇納骨については、骨壷のまま預ける「納骨堂」とお骨のみを納める「合祀墓」があります

◆ホームページ https://onedrip.jp/


【ゴミと一緒に火葬】2022/11/10更新

 愛知県の北部の火葬場でペットの遺体をゴミと一緒に火葬していたというニュースがありました。とても悲しく残念でありません。

ペットの亡きがらをゴミと一緒に火葬、担当者「日常的にやっていた」:朝日新聞デジタル (asahi.com)

 


【新しいペット霊園】2022/7/24更新

 愛知県長久手市に新たなペット霊園『ペット霊園長久手』が開業します。

詳しいスタート時期はわかりませんが、もう間もなくだと思われます。グリーンロード沿いでアピタ長久手店の南。リニモだと杁ヶ池公園駅に近くです。すでに建物の外装は完成して、現在はスタッフを募集中。運営は瀬戸市で葬祭ホールを3つフランチャイズ展開している会社みたいです。また詳細が分かり次第、お伝えしたいと思います。

 


【ペット霊園の閉鎖】2022/7/21更新

 愛知県豊橋市のペット霊園「天遊堂」が今年の9月末をもって閉園します。参拝は8月末までだそうです。なお合同慰霊碑は市内のお寺へ移転される見込みです。詳しくはホームページをご覧ください。

豊橋ペット葬祭「天遊堂」

 


【マイクロチップ義務化】2022/6/2更新

 6月1日よりペットショップなどで販売されるペットへのマイクチップの装着が義務化されました。これによって迷子になった場合や災害等で行方不明なった場合などに飼い主さんを見つけることができます。

 ちなみにペット亡くなった際に火葬してもマイクロチップは残らないと思います。


【火葬場へのタクシー移動】2022/4/28更新

 亡くなったペットを市の火葬場で火葬する場合の多くは自分で連れていく必要があります。ただ車を持っていないとバスなどでは難しいです。タクシーについても対応しているところしてないところがあるので注意してください。名古屋市あたりの大手タクシー会社の対応は下記の通りですので参考にしてください。

[注意点]

・ペットのご遺体はダンボールなど箱に納めること

・座席ではなくトランクへ載せる場合が多いです(要確認)

   ※大型犬は無理です(10キロぐらいまでです)

・載せる場合にお手伝いしてもらえるか確認する

【対応していない】 

◆つばめタクシー  ◆名鉄タクシー

【対応している】

◆フジタクシー 052-523-2211

◆宝タクシー  052-682-6000

◆若葉タクシー 052-871-1188


【納骨もできるお寺】2022/2/13更新

 愛知県丹羽郡扶桑町でお経だけでなく、ペットのお骨を納骨できる2つ目のお寺さまをご案内できるようになりました。所在地は扶桑町ですが犬山市役所からも2~3キロなので犬山市にお住まいの方にもご利用しやすいと思います。

 

←詳しくはコチラをクリック]

 


【納骨もできるお寺】2022/1/26更新

 名古屋市守山区でお経だけでなく、ペットのお骨を納骨できるお寺さまをご案内できるようになりました。納骨料は15,000円(お経代・卒塔婆代込み)、お経(法要)は5,000円です。

 

←詳しくはコチラをクリック

 


【ペットと一緒のお墓】2022/1/25更新

 以前はなかった人とペットが一緒に入れるお墓。それがここ数年名古屋市と近郊のお寺で見られるようになってきました。時間があれば現地に赴き、実際見て情報化をしていきたいと思います。

 

←詳しくはコチラをクリック

 

 


 

【新しい動物病院】2021/12/5更新

8月、日進市に新しく動物病院ができました。

◆梅森どうぶつ病院  2021/8/24開院

 愛知県日進市梅森台1-153(052-888-3700)

 


【八事火葬場のスロープと台車】2021/10/10更新

  亡くなったペット連れて行く場所の駐車場の改修工事が今年3月終了し、新たにスロープができました。足が不自由な方の車イス用かと思いましたが、他にもやはり大型犬の移動に使用するそうです。また台車もお借りすることができるので係員にひと声かけてください。係員がいない時は事務所受付で台車を使用したい旨を伝えると貸してもらえます。


【八事火葬場の猫の火葬費用について】2021/9/11更新

 名古屋市の八事火葬場では動物の火葬をしています。その料金は動物の体重によって違います。ただし通常5キロから15キロまでは2,200円(5キロ未満は1,100円)ですが、猫の場合は5キロを超えていても1,100円です。これは法令で決まってるそうです。

 


【避妊・去勢の助成金】2021/8/26更新

 名古屋市では犬や猫の避妊・去勢手術に助成金が出ます。またこれとは別に名古屋市獣医師会も助成金を出しています。

◆犬 避妊:3,200円(6,400円)  去勢:1,600円(3,200円)

◆猫 避妊:2,100円(4,200円)  去勢:1,050円(2,100円)

※カッコ内は獣医師からの助成金額

※助成金額の枠がなくなり次第終了 有効期間は14日間


【動物病院 新規開院予定】2021/8/1更新

 8月24日(火)、愛知県日進市に新しく動物病院が開院します。梅森台ですので牧野の池公園(名東区)と国道153号線の真ん中あたり、コメダ珈琲の近くです。

 

梅森どうぶつ病院    (日進市梅森台1-153)


【五条川斎苑 内覧会】2021/6/6更新

6月10日よりスタートします五条川斎苑(愛知県清須市)の内覧会に行ってきました。動物の火葬についてわかったことを記しておきます。

  • 休みは1月1日のみ
  • 受付時間は9時から16時
  • 1頭1,000円(清須市・あま市以外の人は10,000円)
  • 免許証など住所確認ができるものが必要
  • 60×40×40㎝以内のダンボールに納めること
  • 線香をたいてお別れができます
  • 敷地内には供養塔や慰霊碑はありません

※お骨は福井県の清大寺で納骨・供養されます

◆注意点

・お骨はもらえません

・大型犬は連絡してから行くこと(友引の日は受け付けません)

・大型犬はシーツなどでくるんだ状態でもOK

 

ペットの相談館がご家族に代わって火葬場へ連れていけるかは確認中です。


【改正動物愛護法が施行】2021/5/31更新

 令和3年6月1日より改正動物愛護法の一部が施行されます。

• 環境省令等で定める動物取扱業者の遵守基準
• 出生後56日を経過しない犬・猫の販売規制

越谷市のホームページがわかりやすいと思います。

●越谷市HP→コチラ


【五条川斎苑の稼働開始日】2021/4/30更新

清須市に新しくできた火葬場『五条川斎苑』ですが、6/10(木)より稼働開始されます。なお6/6(日)には内覧会があります。動物火葬については不明な点がまだありますが、分かり次第お知らせいたします。

 

 


【八事斎場の大型犬の火葬について】2021/4/5更新

八事火葬場で火葬ができる大型犬について、以前は30キロまででしたが、確認したところ50キロまでは対応できることがわかりました。費用は15キロ以上は何キロでも4,400円です。ちなみに火葬炉の耐久性を確認した上での変更だそうです。

 

 


【八事斎場の工事終了】2021/3/27更新

八事斎場(名古屋市)で亡くなったペットを連れていく場所の駐車場の工事がほぼ終了しました。立派なスロープは足の不自由なご家族のためもありますが、大きなワンちゃんのご遺体を移動するときに台車などを使用するためのものかもしれません。ただ以前より駐車スペースが減ったのが残念です。

 


【五条川斎苑】2021/3/25更新

今月、愛知県清須市に新しい斎場『五条川斎苑』ができます。管轄は清須市とあま市。動物の火葬もできるそうです。ただ稼働は6月からになります。

◆五条川斎苑  

・開始 令和3年6月

・場所 清須市春日杁前60番地

・動物火葬1体 1,000円(管轄外の方は10,000円)

 


【新しい動物病院】2021/3/22更新

3月、春日井市と名古屋市守山区に新しく動物病院ができました。

◆高蔵寺しらやま町の動物病院  2021/3/1開院

 愛知県春日井市白山町6-15-4(0568-64-1502)

 

 

◆ベリル動物病院  2021/3/22開院

 名古屋市守山区大字上志段味馬洗淵857-1(052-726-5007)