絵本

 【絵本の紹介】

ペットロスや、動物たちとのお別れをテーマにした絵本をたぶんどこよりも多く紹介しています。人の言葉を素直に受け入れられない心を、やさしい絵と温かみがあり、かつ分かりやすい表現の絵本は、きっと開いてくれることでしょう。

 【絵本の貸出し】

紹介した絵本の中には絶版のものあります。ペットの相談館では、そんな場合に絵本の貸出しもしています。費用は送料だけご負担していただきます。詳細につきましては、お電話かもしくはメールでお問い合わせください。


 ・だいすきなグー  (PHP研究所)       DSCF4376

大好きだった犬のグー。

その出会いからお別れまでを少年が

みなさんに紹介しています。

 

 

・ねえ、マリモ (講談社)DSCF4370

前半は、犬のマリモを失った少女の

悲しみを、後半はマリモから少女への

想いを綴っています。

 

 

・ずーっと ずっと だいすきだよ (評論社)DSCF4374

犬のエルフィーが亡くなって、深い悲しみに

暮れる中、少年にはひとつのなぐさめがありました。

それは・・・。

 

 

・さよならをいえるまで (岩崎書店)DSCF5484

愛犬ジャンピーの死を少年が受け入れるまでの

お話。

 

 

 

・さようなら、ありがとう、ぼくの友だち (岩崎書店)DSCF6486

愛犬を失い、悲しみに暮れる息子にお父さんが

自分のペットロス体験ををもとに優しく語りかけています。

 

 

 

・虹の橋 (佼成出版社) DSCF6536

ペットとのお別れは永遠のものではありません。

だって、いつか、「虹の橋」で再会できるのですから・・・。

 

 

 

・ぼくはねこのバーニーがだいすきだった (偕成社)DSCF7011

大好きな猫のバーニーが亡くなって、悲しみにうちひがれていた

少年が立ち直り、成長していく過程には両親の暖かい

思いやりがありました。

 

 

・ねこたちのてんごく (ひさかたチャイルド)DSCF8051

天国にいった猫たちが、

そこでどのように過ごしているか、またどんな想いで

あなたを見守っているかを知っていますか。

 

 

・わすれられないおくりもの (評論社)DSCF8829

仲間のアナグマを失った動物たちが

アナグマからもらった大事なものを語っています。

失ったものより、得たものの大きさに

気付かされる一冊です。

 

・ぼくのだいじなくろねこオリオン (銀の鈴社)DSCF9126

猫のオリオンが亡くなった。

オリオンが大好きでしかたなかった少年が

葬儀のときにしたこととは・・?

そして、少年が気付いたこととは・・・?

 

・ぼくは海になった (くもん出版)DSCF9304

多くの命を奪った東日本大震災から3年。

あのとき、多くの動物も命を失いました。

動物も家族の一員・・・。

そんな想いがこめられた一冊です。

 

・リリがのこしてくれたもの (旺文社)DSCF9346

愛犬のリリを亡くした少女が、思い出を

振り返りながら立ち直っていくお話。

 

 

 

・バーニー、いつまでもいっしょだよ(徳間書店)DSCF9708

猫のバーニーを亡くした少女のもとに

新しい猫が来ました。お庭で空き放題遊ばせていましたが

一箇所だけ入っていけないと少女が言ったその場所とは。

 

 

DSCF9706・いぬはてんごくで・・・(偕成社)

亡くなった犬は天国に行きます。

天国はどんなとこ?天国でどうしてる?

犬は幸せなの?

そんあなたの心配にこたえる一冊です。

 

・きみにあえてよかった (評論社)DSCF9812

犬をなくした少年。最初は新しい犬を迎えようと

しなかたが、気持ちの落ち着きとともに子犬を

迎えた。表題の「きみあえてよかった」、この言葉は

どっちの犬に向けてのものだったのか?

 

DSCF0141・ワウシュビッツ (無双舎)

ペットショップで売れ残った犬が殺処分される

までを犬の気持ちを通して伝えています。

「ぼくはただ好きになってほしかっただけなんだ」

この言葉に真実があります。

 

・エングレペルス(ネット武蔵野)DSCF0143

亡くなった猫のジャンボにむけて、少女が

手紙を書くという形で、悲しみや葛藤から

次第に立ち直り、新たにペットを迎えるまでを

描いています。

 

・秋空のトト (ポプラ社)DSCF0418

久し振りに歩いたトトとの散歩道。

ふと見上げる空にはトトに似た雲が…。

動物の老い、そして死に

対する少女の想いが描かれています。

 

・天国からやってきたねこ (岩崎書店)DSCF0413

死んだ猫のじーこが天国から戻ってきました。

でも、じーこの声は大好きな少女には聞えません。

そんな猫のじーこが彼女に伝えたかった

こととは?あなたの想いが亡きペットにも

伝わっていることを教えてくれる一冊です。

 

・はじめてのおわかれ(偕成社)DSCF1505

ウサギのロンが死んだ。

ロンに伝えたいことがある少年はどうしても

もう一度会いたい。

少年が伝えたかったこととは・・・。

悲しみを乗り越えていく少年が描かれています。

 

・かぜのでんわ(金の星社)DSCF2193

山の上に置かれた電話。だれもが自由に使えて、

今はそばにいない人と話すことができます。

でも実はそれは電話線のつながっていない電話でした。

 

・ルルちゃんのペットとおわかれ(ジャパンマシニスト社)

子どもにとってもお別れは悲しい。DSCF3565

死を受け入れると同時に子どもは子どもなりに

考えています。

ご家族みなさんで読んで欲しい一冊です。

 

 

・最後のおさんぽ(講談社)IMG_0483

ワンコが死んだ。

夢枕に来たワンコが天国まで着いてきてと言う。

そう、今日の散歩コースは天国まで。

 

 

・こねこのプティ(講談社)IMG_0085

お泊りから帰ってきたら

こねこがいなくなっていた。

お別れは死別だけではない・・・

そんなお話です。

・いつか どこかで またキミと(文芸社)IMG_0299

お嫁に行く飼い主に

一緒に連れて行ってもらえなかった

猫の太郎。

いくつもの季節が流れ、年老いた

太郎が思い出を振り返り思ったこととは・・・。

 

・やくそくだよ、ミュウ(岩崎書店)IMG_1419

ミュウは彼のおねえちゃん。

2人は一緒に大きくなっていく。

やがてミュウも歳をとり、死を迎える。

お別れのとき、2人が交わした約束とは・・・。

 

・げんきでね(文芸社)IMG_1448

お別れの時、少年は犬のラブが旅立たない

ようにずっと傍にいます。やがて眠ってしまった

少年はラブと雲の上にいました。そこで目にした

ものは・・・。

 

・ことりのおそうしき(あすなろ書房)IMG_0354

公園で死んでいた小鳥を見つけた子どもたち。

みんなでお葬式をすることに決めました。

それは子どもたちによる子どもたちならでは

のお葬式でした。

 

・アタシ、ママの子?(創英社)IMG_1064

その犬はふと、ママと似ていないことに

気付きます。でも、気付かないふりをします。

時が流れ、お別れの時。最後にママにお願い

したこととは・・・?

 

・ありがとう さようなら べス(文芸社)IMG_1341

べスのお別れの時、少女は泣きながらベスに

手紙を書きました。両親やおばあちゃんの

目にも大粒の涙が・・・。

 

 

・ジェイくんとおばあさん(文芸社)IMG_1348

猫のジェイとの一緒の時間は宝物の時間。

高齢者とペットとの関わりを考えさせられる

一冊です。

 

 

・いつでも会える(学習研究社)img_1754

ある日突然みきちゃんがいなくなった。

犬のシロは悲しく、会いたくてしかたなかった。

飼い主とペットの絆のお話です。

 

 

・さよなら マックス(佑学社)img_2146

犬のマックスが死んで落ち込むベン。

そこに友達のザックが来て・・・。

子どもならではの悲しみ・共感・

そしてなぐさめ・・・、そんなお話です。

 

・ぼくは ココに いるよ(文芸社)img_2539

最初は元気に走り回ってた。しかし

しばらくすると息は苦しそうになり

フラフラと・・・。熱中症によるお別れを

題材にしたお話です。

 

・さよなら チワオ(ポプラ社)

犬のチワオは歳をとり、目やにやヨダレ、

床ずれまで。家族は協力して面倒を

見ることに・・・。高齢ペットの介護を

テーマにしたお話です。

 

・なかないで、アーサー(徳間書店)

天国に行った犬は、飼い主の

男の子にもういちど心から

笑って欲しい願います。

 

 

・チーコのくれた宝物(銀の鈴社)

逃げ出した猫のチーコは家に帰ろうと

しますがなかなか戻れません。

家族はチーコを夢に見ながら

その帰りを待ちますが・・・。

 

・さようならパピィ(絵本塾出版)

ある朝、年老いたパピィの姿がなくなった。

じいじとばあばが必死に探したが見つからない。

そして最後にじいじがかけた言葉とは・・・。

 

 

・うさぎのルーピースー(小学館)

朝起きるて死んでいるうさぎを見つけた。

その死を通じて、お別れの仕方や

死についての考え方、捉え方を

提起した一冊。

 

・ぼくがいきるわけ(新潟日報事業社)

ぼくがいきたわけをしってほしいんだ・・・。

亡くなった犬の目線でその一生を振り返ると

ともに、悲しむ飼い主に語りかけています。

 

 

 

・さよなら、ねずみちゃん(誠信書房)

ペットの死を信じたくない子どもが、

やがて死を受け入れていくその気持ちの

変化を描いた一冊です。

 

 

・ずっと大好き(文芸社)

亡くなったペットのうさぎと飼い主の

少年が、今までの想い出や感謝などを

お互いに語り掛ける絵本です。

 

 

・クローとわたし(リーブル)

子どもが拾ってきた仔犬は、自分が

幼い時に、死に別れた犬にそっくり。

後悔と再会をテーマにした絵本です。

 

 

・しろがはしる(ポプラ社)

おじいちゃんの代わりに犬のしろの

散歩をすることになった少年。その

先々でおじいちゃんとしろの想い出を

知ることとなる。

 

・ちゃぶ(パレード)

別れが来る前の日、ちゃぶは

お腹いっぱいエサを食べた・・・。

捨て犬だったちゃぶと家族の

心温まる一冊です。

 

・モモ(新潮社)

飼い主さんが犬との想い出を

飾り気なく綴っていて、でもなぜか

心にジーンと伝わるそんな絵本です。

 

 

・星空のシロ(国土社)

実験動物として、わずか2年でその

生涯を終えた犬のシロ。実話もとに

動物実験に対する問題提起をして

いる絵本です。

 

・ぼくとリバ(文芸社)

火事の中に取り残された少年の

もとに目も見えない老犬のリバが

駆け付けた…。少年と老犬の心の

交流を描いた絵本です。

 

・くまとやまねこ(河出書房新社)

仲良しのことりを亡くしたくまは

偶然出会ったやまねこにことりとの

想い出を話します。そしてその後

2人は・・・。悲しみから立ち直り

前を向いていくお話です。

 

・おおきなかわのむこうへ(ひくまの出版)

重い病気にかかったうさぎは親友の

あらいぐまに別れを告げます。うさぎが

最後にあらいぐまにお願いしたのは・・・。

亡くなった者を残された者たちが偲ぶ

そんなお話です。

 

・いのちの木(ポプラ社)

森の仲間たちが、それぞれに

キツネとの想い出を話すと

いつしかキツネが亡くなった

場所から木が・・・。

お別れと再生(再開)をテーマにした絵本です。

 

・トロとイヴ(ダイブックス)

猫トロとイヴはいつでも一緒。ある日

イヴがいなくなった・・・。失った悲しみは

人も猫も同じ、そんな絵本です。

 

 

・だいじょうぶだよぬいぐるみになったねこのさん(文芸社)

救えなかった命が生まれ変わり

きっとまた会えると信じたい願う

絵の少ないちょっと変わった

絵本です。

 

 

・ずっと(WAVE出版)

年老いて弱っていく犬のバロン。

何かしてあげたい少女と

何も求めない犬のお話です。